読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

【バイク・自転車】ツーリング中、焼肉をするために持っておきたい物を紹介する

ロードバイク・アウトドア 広告調整

f:id:haluca-net:20161124001153j:plain

みなさん、バイクや自転車でツーリングをしている時って何を食べて生活していますか。たくさんの人のツーリングブログを読んできましたがみなさん持ち物を減らすためか、食事にあまり関心がないように感じました。しかし、僕は食べるのが大好きなので、たとえ自転車でも、食事のための装備は怠りません。

今回は、ツーリングしながら現地で焼き肉をするために持っておきたいものを紹介していきます。焼き肉したいなら、現地ですべて調達しろよって人もいると思いますが、節約のために現地であまり物を買わないために僕がどうやって焼肉をしたのか紹介します。

スポンサーリンク

ゴールデンビーチ留萌で焼き肉をしてきました

f:id:haluca-net:20161123211607j:plain

自転車で留萌を訪れた時、砂浜で焼き肉をしました。よく、それだけでやったなぁーと思うのですが、よりよい焼肉にするためにほしいなぁと思うものも紹介しておきます。

焼き肉をするために持っておきたいもの選

焼き台

f:id:haluca-net:20161120155138j:plain

焼き台??そんなもの持っていけるわけなかろう。石を集めて簡易焼き台を作ります。これでも、全然焼肉できますよw

ですが、衛星的にもやはり、焼き台はあったほうがいいですね。

お金のある方は↓

3000円以内で焼き台がありました。


出典:Amazon North Eagle(ノースイーグル) コンロ 折りたたみ串焼きBBQ II NE1410

折りたたむとコンパクトになるので重宝しそうです。

上の写真を見てもらえればわかるとおり、網は買いました(現地ではないよw)。100円の網で小さいのでかさばらないのがいいのですが、小さすぎたため、一度にたくさん焼けないのがネックでした。

石の上でやるにしても、網はもう少し大きめの物を買うのがよいかと。

スポンサーリンク

炭と着火剤

炭は現地で買っても使いきれないので、家から持っていきました。具体的な方法としては、炭をスーパーでもらえる小さい袋に入れて、その上からジッパーで2重にします

着火剤はベスターです。ベスタ―も家から持っていきました。空気に触れるとすぐ使い物にならなくなるので、しっかり密閉して保管しておきましょう。

着火剤はやはり文化たきつけ(ベスタ―)?

最近では着火剤の種類がたくさんありますが、僕は文化たきつけ(ベスタ―)を愛用しています。

しかし、ツーリングでは、雨に当たることも絶対にあり、ベスタ―だと濡れたら使い物になりません。ですから、パックで着火剤が包まれているタイプを選ぶ方がいいと思います。

シングルガスバーナーとクッカーセット

f:id:haluca-net:20161120155939j:plain

これは、料理をする上での必需品かもしれません。相棒が思い付きで買っておいてあったやつですが、米もうまくやればしっかり炊けました。

僕の中では、焼肉には白米は必需品なので紹介させていただきました。

僕たちが使っていたのは、ガスカートリッジが専用のしか使えないタイプでした。しかし、このタイプの場合、カートリッジがアウトドア専門店でないと販売されていないことがあるので、室内で使うようなガスボンベで使える物の方がおすすめです。

まとめ

貧乏学生のツーリングでも、食事に手を抜いてしまうと、楽しみがなくなってしまいがちです。工夫して、楽しいツーリングをしましょう。



カテゴリ「ロードバイク・アウトドア」の記事はこちら

カテゴリ「ロードバイク・アウトドア」の記事はこちら

スポンサーリンク