読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

勉強以外の方法でテストの点数を上げる方法3つ

学校・勉強

僕は一夜漬けにプラスアルファの施行を凝らしてテストを乗り越えているのですが、

実は他にもテスト中の時間で工夫しているポイントがあります。

僕は受験はしたことがないですが、おそらく公立高校受験にも役立つかと思うので書き記しておきます。

テスト中に工夫するポイント3つ

テスト開始直後、まずは問題を確認して解く順番を決める

テストが始まったら他の人達が一生懸命問題を解き始めます。

僕は、みんなが頑張って文字を書く音を聞きながら優雅に問題を見渡していき、各問題ごとに自分が解けるか解けないかを見極めていきます。

そして、見極めが完了したら、次に問題を解く順番を決めます。

解く順番を決めるコツは、自分が解けそうな簡単な問題を先に解くように順番を決めます。

これを行うことで、わからない問題に時間を使いすぎて、解けるはずの問題を時間がなくて解けない…なんてことがないようにするのです。

決めた順番通りに素早く問題を解く

先ほど決めた順番通りに問題を解いていきます。

このとき重要なのが、素早く解くことを意識すること。

「その日暮らしの大学生」を運営しているすがさんの記事にも解くスピードを速くすることで成績があがるという記事がありました!

suga0311.hatenablog.jp

この記事には問題を解くスピードを早くするアプローチ方法が書かれているので参考にしましょう。

ちなみに、解いている最中にわからない問題が出てくると思いますが、それらの問題はとばしましょう。

とばした問題はすべての問題を解き終わってから見直すことにします。

また、勉強不足で時間をかけても解けそうにない問題は捨てます。

見直しをする

素早く問題を解くと見直す時間がたっぷりできると思います。

しかし、素早く解いているのでケアレスミスが絶対に何か所か出てきているはずです。

この時間では、そんなケアレスミスを解消するために、解き終わった問題から見直していきます。

そして、その問題の見直しが終わってまだ時間が残っているなら、わからなくて飛ばした問題を解くのに時間を使います。

素早くノートをとることを意識してみた結果

テストとは関係ありませんが、素早く問題を解く、メモを取ることが成績UPにつながるなら、

授業中のノートも素早くとれば成績が上がるのではないかと考えた。

そして、それを常に実行しているのだが…

これが、俺のノートである。

f:id:haluca-net:20160301005006j:plain

どうだろうか?

たぶんここまでの字を書く人間はなかなかいないのではないかと思う。

※ちなみに素早くノートやメモをとるなら僕は真剣にこの字を書いてます(笑)

まとめ

今回の記事では、勉強以外の方法でテストの点数を上げる方法を挙げてきました。

テストの取り組み方を変えるだけで、少ない勉強量でも点数を上げることが可能です。

また、今回の記事の内容を踏まえて自分なりのテストの解き方を開発していくことが、テストを乗り切る近道だと思うのでお互いがんばりましょう。

それでは、

ぐっとばいでいず