AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

長期ホテル滞在でもお弁当は作れるっ!!冷食弁当作ってみた。

f:id:haluca-net:20160312143303j:plain

お疲れ様です。悠です。

みなさんは一人暮らしを体験したことがありますか?

もちろん大人の方はそれがデフォで生きてらっしゃると思うのですが、 学生の僕には、いきなり長期ホテル滞在とか、そーいう、一人で生きていかなきゃ的な事態になると、

初めはワクワク感に襲われるのだが、2、3日もすればさみしさに襲われるし、 食事も、普段何気なく食べていた、母のごはんがとても恋しくなるし、

だからといって、泊まっているのはホテルなので、自分で何かを作ることもできない。

だからせめて、昼のごはんくらい少し工夫してみようと、簡単に弁当でも作ってみたのである。

しかし、弁当を作ろうと思いついたのは、自宅を出発をしてからなので、弁当箱などの道具は何も持っていなかったのである。

さて、今回の記事では、さみしくなった俺が、すべて現地調達で弁当作ってみた様子を紹介していきます。

弁当箱などの現地調達

まずは、ホテル近くのお店を探しましょう。

ちなみに、僕が今回泊まっていたホテルの近くには、100円均一の店であるSeriaがありました!!


大体この3つが近くにあれば、運がいいです♪

調達したもの

f:id:haluca-net:20160312114146j:plain

Seriaですべて調達してまいりました!

以下に買ったものをまとめておきます。

弁当箱

f:id:haluca-net:20160312114502j:plain

まず、はじめにお弁当箱を入手!!

しかし、よく見てください。

なんと、写真には、、、

f:id:haluca-net:20160312115636j:plain

トップバリューの文字!!!

すいません・・・

弁当箱は、汁もれとか心配して、同じデパート内にあったイオンで買いました。

弁当箱 = 298円

はしと箸箱

f:id:haluca-net:20160312120539j:plain

続いては箸と箸箱を調達しました。

こちらは、しっかりSeriaで購入しました。

みなさん、この箸どう思います?

木でできていてなかなか高級感出てると思うんですけど、これで100円です。

Seriaなかなか気合入ってますねw

洗剤とスポンジ

f:id:haluca-net:20160312121542j:plain

こちらも絶対に欠かせないものですね。。。

ちなみに、ホテルの部屋で洗い物をしなければならないのですが、洗い場は風呂場の横の洗面台でした…(飲料用とは書いてあった)

ふきん

f:id:haluca-net:20160312121812j:plain

あまり使わないかな~…と思っていたのだが、弁当生活してみるとこれが意外に重要に。。

まず、洗い物を乾かすときなどにこのふきんを敷いて、その上に洗い物を置けばなかなか衛生的!

それから、普通にふきんとしても使えるので、買っておいて損はないと思います。

コップと弁当箱入れる袋

弁当を入れる袋と、コップも買っちゃいました~

残念ながら、コップはホテル生活では使わなかったです。。。

だってホテルにコップは備え付けられてますからね… しかし、なんで買ってしまったんだろうかw

弁当を入れる袋は買ってとてもよかったです。

中は、保温保冷効果のある素材でできているので、職場に持っていく際に重宝しました。

おかずカップ

f:id:haluca-net:20160312134522j:plain

お弁当にこーゆーの入ってますよねー

そんな感じで購入してみました。

ちなみにこれ、プラスティックなので、洗って何回でも使うことができます。

なかなかエコやん!!!

調達にかかった費用

f:id:haluca-net:20160312114146j:plain

■弁当箱=298円
■箸=108円
■箸箱=108円
■洗剤=108円
■スポンジ=108円
■ふきん=108円
■コップ=108円
■弁当箱を入れる袋=108円
■コースター=108円

合計=1270円

ちょっとかかりすぎましたねw

これなら、コンビニ弁当食べてたほうが安上りだったかも…

お弁当の中身は冷凍食品で

f:id:haluca-net:20160312142800j:plain

ホテルの部屋で調理したかったですが、いかんせんIHヒータなどの調理器具が周りの店で調達することができなかったので、お弁当の中身は冷凍食品になってしまいました。

4日分の冷食の費用=1020円


冷食弁当は前の日の夜に作ると良い

f:id:haluca-net:20160312143303j:plain

こちらが、完成したお弁当になります。

左の弁当箱には、冷食のおかずを配置。 右の弁当箱には、冷凍のチャーハンを入れました。

人それぞれ、いろんな配置のしかたをすると思いますが、

各冷凍食品ごとに解凍時間が異なるので、解凍時間がだいたい同じくらいの食品を同じ弁当箱に入れるのがいいと思います。

あとは職場のレンジでチンするだけ!

冷凍食品はしっかり温めないと食べられたものではないので、遠慮せずにしっかりチンしましょう。

ここで妥協して、適当にチンして、温まったかの確認を怠ると、ひどいものを食べなければならないけなります。

正直、一番きおつけてほしいのは、この部分ですねw

みなさん、遠慮しないでチンしましょう。

ちなみに、僕は、インターンシップで企業に行っていたのですが、レンジを使うのは、ほかの人が使い終わるのを見計らっていました。

まずいものはたべたくないですからね^ー^

まとめ

4日分の冷食弁当を作るのにかかった費用=2290円

一日平均=572円

驚きました、高すぎですw

これなら、コンビニ弁当買ったほうが絶対良かったなぁ~…

ということで、たかが4日間のためにこういうことをすると普通にコンビニのお弁当を買うより高くなるということがわかりましたw

思いつきで今回は実行しましたが、次回からは、もっと見積もりを立ててから、行動しないとダメですね…

以上、ぐっとばいでいず。。。