AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

【人生で一度は通りたい】海沿い絶景だらけのオロロンライン(札幌‐留萌間)を自転車で通ってきた!?

f:id:haluca-net:20160913154340j:plain

こんにちは、自転車で一日120km移動できる、悠宇(@yuu_yuzhno)です。

こないだ、自転車で北海道小旅行に行ってきたのですが、その時にオロロンライン(留萌から札幌まで)と呼ばれている道を通ってきました。

断崖絶壁に作られた道をずっと進んでいくんですが、とにかく何もないんですよね。コンビニなんてもう全然ありませんでした…見えるものと言えば、たまにある漁港くらい。

そんな、人も街もほとんどない道には絶景が死ぬほどたくさんありました。 これは、死ぬまでに行きたい場所認定したほうがいいと思って今ブログ書いてます。

オロロンラインってどんな道?

f:id:haluca-net:20160913153627p:plain

日本海オロロンライン(にほんかいオロロンライン)は、北海道日本海側・石狩市から天塩郡天塩町までの国道231号・国道232号の愛称である。広義には、国道337号、国道5号、道道106号を含め、小樽市から稚内市をさす。国道231号および国道232号は留萌市で接続する。オロロンラインとも称される。

日本海オロロンライン - Wikipedia

とあるように、オロロンラインは小樽から稚内までの海沿いの道の愛称なんですねー

ちなみに、調べてみたところ稚内から小樽までは326kmあるようです。結構長い距離でびっくりしますね!!

僕も自転車で通りましたが、小樽から留萌までの道のりが、すごく険しく、トンネルも数え切れないほどたくさんあります。アップダウンが激しく、自転車には本当につらい道のりが続きますが、それを忘れ去れるくらいの絶景が要所要所に待ち構えていて、通っていてここまで気持ちいい道は初めてでした。もちろん、バイクでも車でも同じ感想を抱くと思います。

f:id:haluca-net:20160913155449j:plain

留萌から稚内までは、比較的平坦で直線的な道が続きます。僕が自転車で通ったのは、留萌から小樽までなので、留萌から稚内までは通ったことはないですが、平坦な道が続く分今度は海風により、自転車は進みにくいのではないかと思います。ですが、海の向こうに見える利尻富士が進めば進むほど近づいてくるので、それに夢中になってこぐ辛さも忘れるんじゃないでしょうかwww

f:id:haluca-net:20160913155047j:plain

天塩からは、道道106号線を通ります。 この道は、風量発電機以外は、建造物がほとんどみられない道が続きます。絶景というか、未開拓の場所をみると感慨深いものを感じます。

f:id:haluca-net:20160913155223j:plain

オロロンラインをざっと紹介しましたが、本当に見どころたっぷりの道となってます。 僕も、自転車で走破したいです…

自転車でしか見られない絶景があった!?

オロロンラインは小樽から稚内までの道のりですが、僕がこの間通ってきたのは、留萌から札幌までの道のりです。

とくに、留萌からはずっと断崖絶壁の険しい道が続くので、道幅も狭く、車が途中で止まれるような場所は少ないです。

そんな中、僕は自転車なので、すごい景色が表れるごとに写真とりまくりでした。それがこちらです。

f:id:haluca-net:20160913145553j:plain

この場所は、トンネルを抜けてすぐの場所なので、バイクも車も止まることはできないでしょう。

f:id:haluca-net:20160913145812j:plain f:id:haluca-net:20160913145817j:plain

まさに、自転車でしか撮れない写真を撮れて僕はとても満足しています。 チャリで行く醍醐味ってこれじゃないか!?と思ってしまいました。

ほかにの写真撮りました!!

朝に留萌を出発して、札幌についたのが、夜なのでだんだん日が落ちていくのを体感しながら南下していきました。

朝の留萌

朝ごはんは、コンビニで買いました。ですが、ビーチで食べるごはんは格別でしたね♪

f:id:haluca-net:20160913151122j:plain f:id:haluca-net:20160913151127j:plain

増毛の国稀酒蔵

留萌から増毛までの距離は10kmほどなのですが、思わず止まってしまいました。日本最北の酒蔵らしい。

f:id:haluca-net:20160913151544j:plain

白銀の滝

増毛からしばらくアップダウンの激しい道を進んでいくと、滝がありました。とかく、自転車は死ぬほど疲れるので休憩スポットを見つけるとすぐに止まってしまいますね。

f:id:haluca-net:20160913151903j:plain

浜ラーメン

昼は浜益の浜ラーメンを食べました。エビ、つぶ、ホタテ、あわびと盛りだくさんでした。汗をたくさんかいているので、塩分サイコーでした。

f:id:haluca-net:20160913152107j:plain

ちなみに、場所がここ。

グーグルマップにも載ってないローカルなお店でした! ちなみに、浜ラーメンは1100円だったと思います。疲れていたのでおいしかった記憶しかありません…ごめんなさいwww

嶺泊展望パーキング

ここのパーキングについた時がちょうど太陽が最高の位置にいて、、、 もうすごいしか言えないですw

f:id:haluca-net:20160913152904j:plainf:id:haluca-net:20160913152906j:plain

ちなみに、場所はここです。

こちらは、札幌に近いので、カップルで夕日を見に行くなんていうのもいいですよねー

その他絶景

f:id:haluca-net:20160913152542j:plainf:id:haluca-net:20160913152547j:plainf:id:haluca-net:20160913152552j:plainf:id:haluca-net:20160913152600j:plainf:id:haluca-net:20160913152623j:plain

まとめ

オロロンラインはどこを通っても心揺さぶられる絶景ばかりです。車でもバイクでも行けますが、僕は自転車で行くことをおすすめしますね(嘘)

とにかく、みなさんも死ぬまでに一度通ってみることをおすすめします。

僕も一眼レフ買ってもう一度行きたいと思います。

あいぽんはツラい…

 

ぐっとばいでいず



カテゴリ「ロードバイク・アウトドア」の記事はこちら