AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

【iPhone6/6 plus】電源がつかなくなった!真っ暗のまま動かなくなった時の対処法

f:id:bangbang501:20170313025829j:plain

こんにちは、bangです。今日はiPhoneユーザーは是非一度みておいてほしい記事です。特にiPhone6または6plusを持っている方に是非みてほしい記事です。

スポンサーリンク

突然iPhoneの電源が消えた!

ある日、今日のニュースを調べていたところ、突然何の表示もないまま画面が真っ暗になってしまい、電源が落ちてしまいました。

長年同じiPhone端末を使っているとこういうことはよくありますよね。そういう時は充電が切れてしまったのかな?と思う方もいると思います。ですが、それでは回復しない時もあるんです。

今回はそういった件も含めて、突然電源がつかなくなってしまった時の対処法をご紹介します。

原因その1 充電切れ

まず一番考えなければならない原因ですよね。しかしながら、普通の充電切れの場合、充電を促す画像が表示されると思いますが、突然なんの予告もなく電源が落ちた場合はそれすらも表示されないことがあります。

突然画面が真っ暗になった場合はまず充電ケーブルを挿して起動するかどうかを確認してみましょう。そのままいつものOS起動画面まで移行できれば正常です。

原因その2 ボタンが故障している

しばらく電源ボタンを長押ししても起動しない場合、これが原因の可能性があります。アップルストアか販売店へ行きましょう。

原因その3 メモリ不足で電源ごと落ちた

結構これに気づくのに時間がかかった方の多いのではないでしょうか。アプリを起動させすぎたり、メモリ消費が激しくなるような動作があるとこういうことが起こりました(実体験)。

こういう時は電源ボタンとホームボタンを長押ししするとメモリ解放された状態で起動することができるのです。

スポンサーリンク

6シリーズはさらに要注意!!!タッチ病とは

アップルがiPhone 6と6plusを発売してから問題となっていたのが本体の薄さです。今までの厚く小さいものから打って変わって、大きく薄いデザインになりました。これにより発売当初からその耐久性が指摘されていました。

特に6plusは6よりもさらに本体が長いですから、負荷に耐えられないのではという声もありました。そのため発売当初から人力でiPhoneが曲がってしまう動画や尻ポケットに入れるだけでiPhoneが曲がってしまったという報告が相次ぎました。

曲がって動作するだけならいいのですが、それを放置してしまうとタッチができなくなってしまうという状態になってしまうことがあります。それがタッチ病です。

タッチ病の初期段階は画面上部に白いノイズの帯が現れ、そのまま放置するとタッチ画面全体が操作不能になるというものです。前述した通り耐久性の低下がこの症状の多発の原因になっていることがいえるでしょう。

アップル側もiPhone6plusに限り有償での修理を始めたとのこと。アップル側も耐久性の低さについてある程度認めたということではないでしょうか。

まとめ

筆者も原因3のせいでしばらく起動できなかったことがあります。長年同じiPhone端末を使っていると電池の劣化や突然の充電切れはありえることですから、これを読んでいる方の中にもし同じような症状が現れたら是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク