AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

またデスノートやるの感を否めない…「デスノート Ligth up the NEW world」が公開されるにあたって。

こんにちは、鎌田ゆうじです。

なんか、デスノートの新作映画がでるらしいですね。デスノートの最初の映画が公開されたのが10年前の2006年。今回の映画は、ライトとLが死んでから10年後のお話だそうです。現実世界の時間とリンクしているんですねー

10年前といえば、僕もまだ小学生だったので、デスノートの漫画とか読んでいました。ですので、新しい映画が出たとなればどんな物か気になります。しかし、同時に僕は「またデスノートやるのっ?」感を感じずにはいられないのです。今回はそこらへんをかいていきたいと思います。

映画のあらすじ


引用:https://www.fashion-press.net/news/gallery/19022/405284/1

犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした”キラ”こと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵”L”。天才 VS 天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、”キラ”によるメッセージが発信されたー。「デスノートを手に入れろー」

夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の後をつくべく、吉良事件んい精通した三島を筆頭に、対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。

ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立名探偵にして、”Lの正統な後継者”竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在することが判明する。

果たして、すべてのノートを手にするのは誰か?それぞれの譲れない”正義”が火花を散らし、今、デスノート争奪戦が幕を開けるー!

引用:映画『デスノート Light up the NEW world』公式サイト

今回は、デスノートのルールの中には存在していたがストーリに直接影響していなかった「人間界に一度に存在していいノートの数は6冊まで」というルールをもとにした続編で、6冊のノートを巡ってキラ陣営、対策チームでの様々な抗争が繰り広げられると考えられます。

f:id:haluca-net:20161029123347j:plain 引用:https://www.fashion-press.net/news/gallery/19022/405284/1
キャストも新鮮なメンバーで新しいデスノートを表現していくようです。

「またデスノートやるのっ?」感を感じずにはいられない。

公開日の前日に、テレビでデスノートの放送がされていたのはご存じですか?そこで放送されていた内容はこれまでに公開されてきたデスノートをまとめた物でした。

始め見ているうちは、「っお。デスノートやってんじゃん!久しぶりだし、見てみようかなぁー」って思いながら見てたんだけど、弟が「そーいえば、明日から公開だよねー、新しいデスノートの映画」って言いだして、初めてこの映画の存在を知った。

僕として、藤原さんが演じる月のダメ人間っぷり演技とか、Lの浮世離れした感じが好きで、これ以上新しい話はいならいよぁーって正直思ってしまいます。

デスノートってもう僕の中では完結してるのに、それをまた掘り出して新しく再構成するのはなぁー

って思っちゃうけど見に行ったらふつうに面白いんだろうなぁー

まとめ

6冊のデスノートをめぐるデスノートの新しい映画が2016年10月29日に公開。僕としては、「またデスノートやるの?」感が否めないが、それでも興味はあるし、見に行けば絶対に楽しめる作品であると思います(まだ見に行ってないけど)。

僕以外にも、デスノートにこれ以上続編はいらないって思ってる人いると思うし、その思いから、「新しい映画なんて絶対見に行かねぇ」って考えてる人もいると思うけど、

デスノートが曲がりなりにも好きで、記憶に残る作品だったからこそ生じる思いだと思うし、そこまで思うことができるなら、新しい作品も受け入れられるはず…

だから、つべこべ言わず見に行ってこようと思います。

んじゃ、今日はこの辺で

ぐっとばいでいず