読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

第1回 C#で作るGUIアプリケーション入門【ボタンとテキストの配置について】

プログラミング プログラミング-C# プログラミング-GUI 寄稿 寄稿-bang

f:id:haluca-net:20161107040529p:plain

はじめまして。今日から当ブログで記事を書くことになりましたbangです。よろしくお願いします。

今回からプログラミングに関する記事等を書いていく予定です。今回の記事は。Visual Studio等でC#を始めた初心者向けに書いた内容です。

スポンサーリンク

GUIアプリケーションについて

C#に限らず、プログラミング入門にあたって多くの人はCUI(キャラクターユーザーインターフェース)内で実行されるプログラムから始まりますよね。

CUIというのはwindowsだとコマンドプロンプトに当たります。

Visual Studioでコンソールアプリケーションでプログラミングを始めた方、そろそろGUIの開発に取り組んでみませんか?そういう方にも是非読んで欲しい記事です。

ウィンドウにボタンとテキストを配置していく手順

まず、Visual Studioを起動して左上にあるファイルから新規作成、プロジェクトをクリックしていきましょう。ファイルは赤字で囲ってあるところにあります。

f:id:haluca-net:20161107032405p:plain

しばらくしたら以下のような画面になると思います。

f:id:haluca-net:20161107032451p:plain

ここで画面の調整、オブジェクトの配置、デザイン等を決めていくとことになります。細かいプログラムはまた別画面にあります。

以下で、オブジェクトを配置して画面を作成する方法を説明していきます。

オブジェクトを配置する

では早速、オブジェクトを配置して自分だけの画面を作成していきましょう。

はじめに画面の左端にあるツールボックスを見つけてください。それをドラッグ&ドロップでどこか適当な場所に配置してください。これは個人で一番見やすいところでいいと思います。例のように赤で囲ってあります。作者は左下にしています。

f:id:haluca-net:20161107033008p:plain

配置が終わったらツールボックス内のコモンコントロールからLabelを選択し、ドラッグ&ドロップで中央のForm1内まで持っていきます。

f:id:haluca-net:20161107033923p:plain

スポンサーリンク

ラベルの配置とコーディング

次にLabelを見つけて同様に持っていきます。どこか適当な場所に配置してください。

f:id:haluca-net:20161107034211p:plain

それが終わったら、配置済みのラベルをダブルクリックしてみましょう。すると新たにコーディング用のエディタが現れると思います。

f:id:haluca-net:20161107034247p:plain

ここでコードを書き、こまかな振る舞いを記述していきます。

以下を記述しましょう。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace TestApplication
{
    public partial class Form1 : Form
    {

        int a = 0;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }
    
    //①
        private void label1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
         
    label1.text="第一回C#アプリケーション入門";
         
         }
    }
}

プログラム中の①から以下の記述は先ほどダブルクリックしてもらったラベルのラベルイベントとなっております。

ラベルイベントと言いうのはラベルが押された時にどうふるまうのかというものです。いわばクリックされた時に発動する関数のようなものです(厳密には違いますが)。

上のプログラムを書き終わったら、Ctrl+F5でプログラムを走らせてみましょう。

f:id:haluca-net:20170206203638p:plain

こんな感じになると思います。そこでラベルを押すと…

f:id:haluca-net:20170206203702p:plain

となり。Labelの内容が変化したのが分かります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回は細かい話はほとんどなかったですが。次回以降からそういう話も入れていきたいと思います。

友人のbangさんに寄稿していただきました!!

今回はプログラミング言語を使用してアプリやゲームを開発している友人のbangさんに寄稿していただきました!今後、プログラミング関連の記事からIT、ガシェットに関する記事を書いてもらおうと思ってます。

それでは、悠宇ともどもbangをよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク