読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

クレジットカードで得できることを知っているか

お金・クレジットカード

f:id:haluca-net:20160314095718j:plain クレジットカードなんて使ってたらお金を使いすぎるとか、よく聞く。でも、よく考えてみたら、お金を使うっていう行為の前にあるのは、それがほしいという気持ちがあって、その気持ちの動機は支払い方法になんか左右されないのではないかと僕は考える。

クレジットカードを使うことで、お金を使いすぎると思っている人は倹約できないことをクレジットカードのせいにしているだけではないか?

むしろ、クレジットカードは使えば使うほど、現金で支払うよりも得することができる。

今回は、クレジットカードを使うとどのように得できるかを紹介していこうと思う。

クレジットカードで支払うとポイントがたまる

もうすでに誰でも知っていることだと思う。

例えばクレジットカードで10000円の支払いをするとしよう。すると、あとから100円分のポイントがたまる。つまり、支払いの1%がポイントで還元されるということだ。

ここで勘違いしがちなのが、ポイントがたまっただけで得をしたと思ってしまうところである。

肝心なのは、ポイントを何らかの形で使用して初めて得したことになる。

これも、人間心理の一種なのかもしれない。

ポイントを使わないということは、一方的にカード会社が儲かってしまうということだからね。

得をするためには

僕はたとえ100円の買い物でも、クレジットカードを使う。なぜかわからないが、クレジットカードは高額の買い物をする時にのみ使用するものだ!という慣習が染みついているように感じる。

だが、100円でも1円なのだ。 コインで支払うのとカードで支払うのでは、1円も価値が違ってくる。 僕は、そんな1円も回収するために日々カードを使っている。

上のことに関して、わかりやすい例がコンビニでの買い物だ。

僕は、ローソンで買い物をするときは、ドコモのdカードで支払うようにしている。一ヶ月平均2000円程度の請求がくる。

毎回300円程度の買い物だが、積み重ねて1ヶ月で2000円だ、これをポイントに換算すると20ポイント、つまり20円だ。

たかが300円ごときに・・・と思うかもしれないが、得をするためには少ない支払いからでもどんどんカードをつかっていくべきだ。

まとめ

ここまで書いてきたように、クレジットカードを使って得するには、ポイントをためるだけで満足するのではなく、しっかり使うこと。

そして、たとえ100円の支払いでもカードを使って支払うことだ。

この2つを意識して生活するだけで、少しは得をすることができる。

みんなもカードを持っているなら、まずはコンビニからでも。躊躇なくカードを使おう。

そうすれば、1円に泣くことも少なくなるかもね。