読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

勉強始めてもすぐ集中できない僕が時間管理術「ポモドーロテクニック」で生まれ変わった

学校・勉強 ライフハック

                               f:id:haluca-net:20160120222355p:plain

みんな、だまされたと思って1回やってみてくれ。

いっつも勉強始めるまでに2時間はかかる俺が、

1秒で集中して勉強を集中して始められる方法を見つけてしまったんだ。

 

時間管理術「ポモドーロテクニック」とは

ポモドーロ・テクニックとは、Francesco Cirilloって人が自分の勉強効率を上げるために考案したものらしい。

 

この時間管理術は、

 

25分を1つの単位(1ポモドーロ)としてその時間の間は、

自分で決めたタスクを集中してこなし、

1ポモドーロが終了すると5分ほど休憩をはさみ、

再び25分間集中してタスクをこなす

 

という時間管理術です。

 

具体的なポモドーロテクニックのやり方

簡単に手順をまとめました。

  1. 集中して作業したい事柄を紙に書き出す。1ポモドーロで終わりそうにないものは複数のポモドーロに分割しておく。
  2. タイマーで25分をセットし、1ポモドーロ開始!!!
  3. 1ポモドーロ終了後、タイマーで5分をセットしタイマーがなるまで休憩する
  4. タイマーがなったら、すぐさま休憩を終了し、再びタスクをこなす。
  5. 4ポモドーロ終了後、長めの休憩をとる

 

重要なのは、1ポモドーロ中(25分間の間)は何があってもその作業に集中するという点です。

 

もし、1ポモドーロ中にほかのことが気になって仕方がないというときは、

中断して休憩するのもありだと思います。

 

実際に「ポモドーロ・テクニック」を試してみた!

みなさん、ここまで記事を読んで、

「こんなんで集中できるわけーねーだろー」とか

「こんなんで勉強できたら、だれも留年なんかしてねーよ!!」

って思ってる人が大多数だと思うので、

僕が人柱になってみました。

 

1.タスクを書き出す

f:id:haluca-net:20160121001415j:plain

 

まず、上の写真のようにタスク管理表を作成しました。

 

もちろん、僕もポモドーロテクニックを実践するのは初なので、

このときは、

「こんな表つくってもできるわけなくねwww」

っとか思ってました。

 

このタスク表を作るうえで大事なのは、

 

無理な計画にしないこと。

 

僕がこの表を書いたとき、18:00からの「電子宿題」というタスクには2ポモドーロを用意したのですが、

このタスクは15分で終了してしまいました。

 

そこで、そのあとのタスクの「数学」を繰り上げて行いました。

 

「数学」は5ポモドーロと見積もりちょうど、5ポモドーロに入った直後に作業が終了しました。

 

僕は、今日初めて「ポモドーロ・テクニック」を使ったのですが、

このテクニックで1番大事なのは、

 

1タスクに対するポモドーロの数を適切に設定できるか

 

というところだと思います。

 

ですので、タスク表を書くのがこの管理術の肝です。

 

2.25分でタイマーをセットする

タイマーは基本なんでもいいです。

スマホのタイマーなり、キッチンにある油まみれのキッチンタイマーでもテキトーに使いましょう。

 

※ちなみに、「ポモドーロ」とはイタリア語で「トマト」という意味で、このテクニックの名前の由来は、考案した本人がキッチンタイマーで25分を測っていたからだそうです。

 

僕は、このテクニックに命を注ぐつもりで、

APP STOREでアプリを買いました(笑)

 

節約家がアプリにお金を使うのはよっぽどなことですが、

今回ばかりはいいものを使おうと思いお金、出しましたw

 

3.タイマーを押す

始めて、タイマーを押すのは緊張しました。

 

「こいつを押したら、お前はもうこっちの世界に戻ってこれなくなるぞ!!」

って怠けた自分が語りかけてくるようでした。

 

しかし、意を決して押してやりました。

 

4.1ポモドーロ実行中

実行中はただひたすら、宿題やりました。

 

そうしたら、びっくり

2ポモドーロかけてやる予定だった宿題が

0.5ポモドーロほどで終わってしまいました。

 

1ポモドーロ中に予定のタスクが終わってしまった場合、

次のタスクを繰り上げて始めるだけなので、

途中で休憩を入れるわけでもなく

作業を続けました。

 

あっという間に25分が終わりました。

 

「あれっ、時間ってこんなに早かったっけ???」

 

って感じです!

 

5.1ポモドーロ終了後5分間休憩する

 この5分間休憩にももちろんタイマーをかけます。

 

スマホのポモドーロ専用アプリだと25分のあとに勝手に5分間のタイマーがスタートしますので便利です。

 

この間は、ツイッターを確認したりしていました。

 

するとあっというまにタイマーに呼ばれてしまいました。

 

この休憩の5分は、体感でだいぶ短く感じました。

 

6.再び集中の世界へ

5分のタイマーがなると僕は、また奴隷のように25分間を耐えなければなりません。

 

奴隷として、過ごす25分間は本当に辛いですけど、

実際に今日はタスクをこなしました。

 

すごい達成感と満足感でいっぱいです。

こんなにスムーズに勉強できたのは、初めてです。

 

実際に「ポモドーロ・テクニック」を体験して

今回は、人柱となって「ポモドーロ・テクニック」を実施したわけですが、

 

集中できるできないよりも、

タスクでやることを整理するので、

予定の見通しが立つのもこのテクニックにいいところだと思いました。

 

また、今回は勉強に使いましたが、

応用してなんにでも使えそうです。

 

 

※今回はブログにも使ってみようと思ったのですが、

やはり、ブログは記事ごとに執筆スピードがばらばらで、

 

記事のジャンルによっては調べながら書かなければならないので、

時間通りには達成できませんでした。

 

まとめ

今回、この方法を知る事ができたのは、

ブログ「凡夫の特記事項」を運営している凡夫さんの記事で見かけたことによります。

凡夫さん、いい記事かいてくれてありがとうございます。感謝しますw

 

そして、今回はなんといっても自分をほめまくりたいです。

「がんばったな自分!よくこんなテクニックを使いこなして、勉強なんかできたなぁー」

「まあ、三日坊主になんなよ」

 

みなさんも、一度ためしてみてはいかかでしょうか。

 

それでは、

 

ぐっとばいでいず