AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

【5年後の自分へ】僕が未来に望むこと。

f:id:haluca-net:20161113234453p:plain

スポンサーリンク

僕が5年後は何をしているだろう。もう立派な社会人なのか。はたまた、博士号を取るためにまだ、学生を続けているのか。

そんな、5年後の自分は果たして幸せになっているだろうか。

25歳という体が一番動くピークの時には満足に人生を謳歌していたい。ふとそんなことが思い浮かんだ。

人によって幸せを感じるポイントは違うと思うが、僕もやはり一般大衆と同じだ。今、幸せをイメージすると、やはり彼女がいてなおかつ自分の好きなことができていてそしてお金に困っていない姿だ。

だから、まず未来の自分にはお金に困ってほしくない。お金がないと何もできない。それは、ここ半年で痛感した。時間があってもお金がなければ動くことはできない。動かないと何も感じることができない。外に出ていくのが幸せをつかむための近道だと思う。

5年後の自分よ。たとえ学生でもいい。だが、学生に甘んじずお金を稼ごうとする心を忘れないでほしい。つまり、ブログは書き続けてほしい。今の僕は死ぬまで書く気でいるのだから。

まとめると、5年後の自分には、なんでもいいからとりあえずブログだけは書き続けてほしい。

僕が五年後の自分に望むことはそれだけだ。

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

スポンサーリンク