AdeKode

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

中田翔も感激!札幌ドーム、「3ボール拍手」について考える

f:id:haluca-net:20160109210111j:plain

僕は北海道に生まれて小学生の頃から10年間野球をやっていました。

 

そんな僕が、

 

今回は札幌ドームでしかない、3ボール時の応援拍手について考えたいと思います。

 

3ボールの時に拍手とは

そもそも、「3ボール拍手」とは、

守備側チームの投手がカウントを3ボールにしてしまった時に拍手で応援することです。

 

これは札幌ドームでしかない応援方法なのですが、、、

 

「3ボール拍手」は悪いこと?

はたから見れば、とてもいいことのように思いますが、

実はこの応援は、攻撃側のチームの応援の邪魔をしているともとれるわけです。

 

野球では基本的に鳴り物などで応援していいのは、

応援したいチームが攻撃中に限るのですが、

「3ボール拍手」はそれに反して守備中の選手を応援するわけですから、

よく思われないのは当然とも思われます。

 

しかし、僕はこの頑張れのエールはたとえ野球の従来のルールを破っていたとしても、

そのルールを破ってでも応援してあげようというファイターズファンの優しさに共感します。

 

中田翔も「3ボール拍手」には感動!?

 

2016年1月9日に放送された「大谷翔平×中田翔  -平成のON世界に翔くー」の番組内で、

 

中田翔さんが「3ボール拍手」について、

 

北海道のファンは本当に暖かい。

3ボールの時に投手を拍手で応援してくれるなんて、ほかの球場では絶対にない・・・

この応援には感動している。

 

とコメントしていました。

 

僕は北海道人として、

またファイターズファンとして、改めて中田翔が好きになりましたし、

ハムファンでよかったと思いました!!!

 

まとめ

札幌ドームで守備中の投手を応援する「3ボール拍手」は、

野球の従来のルールには反しますが、

 

僕はファイターズファンの心温まる応援に感動しますし、

中田翔選手も感激していました。

 

いろんな、人が「3ボール拍手問題」などといって言及していますが、

みなさんはどう思いますか?

 

以上

 

ぐっとばいでいず・・・